AGAになりやすい人の特徴

髪の毛に悩む男性

まず挙げられるのが遺伝です。
一親等や二親等などまんべんなく現れることもありますが、出ないこともあります。
ただ遺伝が左右されやすいということは研究からわかっています。
男性ホルモンが強い人もこの傾向ありますが、性欲が強く毎日性行為をしているような人が特別AGAになりやすいわけではないと言われています。
今後の研究によってその根拠が証明されるでしょうが、現在では不確かな証拠になっています。
また体毛が多い人がなりやすいなんて言われていますが、これも特徴になるでしょうが根拠はありません。
生活習慣が不規則な人にAGAになりやすいと言われています。
髪の成長は夜の10時から深夜2時までが適していると言われていますが、夜勤が多い人はAGAになるリスクが高まるようです。
また暴飲暴食や食生活が不規則で、血流が悪くなる原因のタバコを吸う人もAGAになりやすいと言われています。
ただしそのような生活環境で毎日を過ごしている人であっても、フサフサな人はたくさんいますので、あくまでも特徴です。
結局のところ不確かなことでAGAになるようです。
ただし最近はAGA専門クリニックで遺伝子を調べる検査もありますので、そのようなものを使えば、なりやすい特徴がわかるでしょう。
また治療方針を立てやすいことから、本格的な治療を受けたい人におすすめの検査になっています。
従来の医薬品よりも、効果が高い医薬品が開発されていますので、改善したい気持ちがあれば回復する可能性もあります。
確かなAGAになりやすい人がわからないことから、抜け毛が多くなったりする兆候によって自身の危機を感じるのが適しています。
もし感じた場合は、早急に治療を開始した方が改善をする確率も高くなるでしょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧